[20代のお金と時間を最大限に] ETFを利用した資産運用を考える

資産運用
スポンサーリンク

20代の投資先

 20代の時間、お金の投資先として自己啓発、大学院への進学、資産投資、経験を積むことといった様々な選択肢が考えられますが、今回はその中で20代サラリーマンとして働きながらいかに資産へ投資するかについて自分の意見を書き出したいと思います。

サラリーマン投資家として生きるということ

 投資をしていく上で原資が必要となります。その点で見るとサラリーマンが毎月決まった給料(原資)を手にすることが出来る点は非常に重要です。これによって自身の生活の安定を実現しながら、余剰分を資産家の道へと投じていくことが出来る訳です。この原資がないことを考えると、自身の生活の基盤が揺らぎ、投資で取り返そう、逆転しようという発想から投資判断すらも誤る可能性があります。また、サラリーマンは社会的な信用が大きい点も見逃せません。私はまだ実現出来ていませんが、勤続年数、会社の規模によって与信を利用しながら、投資することも可能です。不動産等のハードアセットも資産として組み込む場合は是非とも利用したいですね。

Leco
Leco

有給、慶弔休暇などの保証が手厚い点もサラリーマンならでは!社内規定や法律を勉強しながら最大限サラリーマン属性を利用しましょう!

20代サラリーマン投資家 現在の戦略

 私が実践している投資方法は以下の通りです。

  • 日米の連続増配銘柄に投資
  • iDeCoの利用
  • 楽天証券での投資信託クレジットカード決済
  • NISA利用

 連続増配銘柄は欲しい銘柄をリストアップしておき、RSIやVIXの指標を利用しながら購入する手法と予め指値を入れておく手法の2パターンで取引をしています。ファンダメンタル分析で自身が選んだ銘柄を納得のいく価格で取得することが出来ているので非常にオススメです。一方でどちらの手法も逆張り投資に近く、暴落といえる局面でのみ銘柄、枚数が増えるため、上昇トレンド中だと現金CFが給料により増加していく傾向にあります。今回の記事の後半はその点の改善を図る手法についても考えたいと思います。

 iDeCoの利用は以前記事にしたのでそちらを参照下さい。

私の属性ではデメリットよりもメリットが大きいと考え、月額23000円を満額利用しています。これによって確定申告が少し楽しみなイベントになりました。税金ネタでいうとふるさと納税も利用しているため、今後記事にしたいと思います。

 投資信託は毎月楽天証券を利用してクレジットカード決済限度の5万円をフル活用しています。これにより毎月500ポイントは確定で手に入れる事が出来、このポイントを投資することで資産を増やすと同時に楽天市場でポイント倍率を上げ、生活必需品を割安で購入することも出来ます。クレジットカード決済での現在の投資対象は以下の2つです。

・ eMAXIS Slim 米国株式  4万円 
・ eMAXIS Slim 新興国株式 1万円

米国一本の方がリターンが良いのは重々承知していますが、iDeCoの銘柄選定記事で述べた通り、私の新興国に対する期待値が高いため一部組み込むことにしています。

 NISAでは個別銘柄に対し120万円分を利用しています。2019年度はロート製薬と芙蓉総合リースを購入し、残り約30万円程度利用出来る見込みです。成長に期待してユニバーサルエンターテイメントに2700円で指値を入れていたのですが、今年はもう刺さらないようなので別銘柄を考慮中です。

Leco
Leco

連続増配銘柄2銘柄を取得出来たため残り約30万円分はキャピタルゲインを狙いたい!

20代サラリーマン投資家 収支のまとめ

 給料は資格手当、住居手当、残業手当全て含み、税金と社会保険料考慮後の額です。ボーナスは夏冬合わせて4ヶ月として算出しています。24*(12ヶ月+ボーナス4ヶ月)収入欄には配当金も収入として含めるべきなんでしょうが、今回は割愛します。

お金のかかる趣味を持たず、実家ぐらしのため支出がとても少ないです。書いてて気がついたのですが、支出も大半が投資ですね。両親ともに投資家ということもあり、若い時期の入金に対して理解があるため、家に入れている金額は住居手当で毎月もらっている15000円のみです。お金持ちは遺伝するというのはこういった所から差が出るんだろうなぁとしみじみ感じます。自分も子供ができたら家にお金入れなくていいよということを伝えて、働き始めてから万全のスタートを切らせてあげることが一番の恩返しだと信じて頑張ります。

さて収支ですが、実際にはここからNISA120万円を引いた額が残りの投資可能額となります。384-117.6-120=146.4 これまではこの余剰分を成長株投資と称して、連続増配銘柄の取引とは別に売買を行っていたのですがリターンとしてはあまり良い結果ではありませんでした。また、明確な目標が無かったため売買ルールにもばらつきが出ており、銘柄選定にも非常に時間をかけていました。ブログを開始し、資格勉強や趣味であるeSportsへの取り組みを最大限にするため、ここに明確な目標、売買ルールを決めて限りあるリソースを最大限に利用したいと考えています。そこで今回考えたのがETF投資です。外貨決済を利用しドル資産を増やすことで資産のリスクヘッジになると同時に、セクターでの投資により銘柄選定の時間を減らすことが出来ます。現在考慮しているETFは以下の2つです。

VHT バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF

 以下構成銘柄上位10銘柄と5年間のVTIとの比較チャート、10年間のVTIの比較チャートです。

5年間ではVTIよりも若干劣るものの、10年間では圧倒的なパフォーマンスの差が出ています。人口増加国であることや、ヘルスケアセクターに関わる米国企業の影響度が如実に表れているのではないでしょうか。個人的な懸念点としてはすでにJNJとABBVを個別銘柄として保有しているため、あまりにもヘルスケアセクター編重のポートフォリオになってしまう点です。

VDC バンガード・米国生活必需品セクターETF

VHT同様以下構成銘柄上位10銘柄と5年間のVTIとの比較チャート、10年間のVTIの比較チャートです。

ここ5年、10年ではVTI購入の方がパフォーマンスが良いようです。ESG投資が叫ばれてからも久しくタバコ銘柄は厳しいのかなと感じます。また上位10銘柄で6割以上を占めている現状はあまりETFとして芳しくないというのが率直な感想です。ただ、個人の生活に大きく関わるセクターのため今後またトレンドが来るのではないかという期待も同時に持っています。

スポンサーリンク

今後の戦略・まとめ

  • 現状のiDeCo、NISAを利用した連続増配銘柄投資、積立投資はそのまま続行
  • 月に約12万円程度(年間146万円)の余裕があることが判明したため、この資金をポートフォリオ編重覚悟でVHTに投資していく
  • ETF投資によって得られた時間を資格勉強、ブログ執筆に利用することでリソースを最大限活かす

コメント