[TFT set2] TFT 配置、メタ考察

TFT
スポンサーリンク

TFT set2の感想

  • 変わりすぎて何が何だか分からない
Leco
Leco

これ以上の感想はないと思います。正直変わりすぎてこれまでのTFTは一体なんだったのかという感じ・・・。プレイし続ける人を選ぶゲームでさらにふるいに掛けられている様で個人的には良くない施策に感じます。

TFT set2 主要変更点

オリジン→エレメント

ひとまず強そうなエレメントのご紹介。

  • クリスタル: 複数配置すると、一度の通常攻撃またはスキルによって上限を超えるダメージを受けない。 2/4 最大100ダメージ/最大60ダメージ
  • エレクトリック: 複数配置すると、クリティカルを与えた際、またはクリティカルを受けた際に隣接する敵にダメージを与える。2/3/4 60/200/300
  • インフェルノ: 複数配置すると、スキルの対象となったユニットのいるマスを炎に包み、そのマス上の敵にダメージを与える。レベルに応じて炎のダメージが上がる。3/6/9 +80%/+175%/+275%
  • ポイズン: 3体配置すると、通常攻撃またはスキルでダメージを与えた対象のスキルのマナコストを50%増加させる。
  • シャドウ: 複数配置すると、戦闘開始から数秒間、与えるダメージが増加する。2/4 +50%/+100% この効果はキルまたはアシストを獲得(テイクダウン)した際にも発動する。2体でいずれかの「シャドウ」がテイクダウンを獲得し、4体ですべての「シャドウ」に効果が発動するようになる。

クラス

こちらも強そうなクラスのご紹介。

  • レンジャー: 複数配置すると、3秒ごとに一定確率で、攻撃速度が3秒間上昇する。 2/4/6 +30%/+65%+100%chance
  • サモナー: 複数配置すると、召喚されたユニットの体力と持続時間が増加する。「サモナー」の配置数に応じて効果量が上昇する。 3/6 +40%/+100%
  • メイジ: 複数配置すると、スキル使用後に一定確率で再びスキルを使用する。「メイジ」の配置数に応じて確率が上昇する 。 3/6 +50%/+100%
  • ミスティック: 複数配置すると、すべての味方が魔法防御を獲得する。「ミスティック」の配置数に応じて効果量が上昇する。 2/4 70MR/150MR
  • ワーデン: 複数配置すると、「ワーデン」が物理防御を獲得する。「ワーデン」の配置数に応じて効果量が上昇する。 2/4/6 +100%AR/+250%AR/+400%AR

エレメントヘクス

試合開始後ランダムな1マスが、ピックアップされた「エレメント」に浸食されます。浸食されたマスのことを「エレメントヘクス」と呼び、戦闘開始時にそのマスの上に配置されているチャンピオンはバフを獲得します。「エレメントヘクス」はステージ3-1になると2マスになります。このバフはアイテムと同様に扱われるため、バフを得るにはアイテムは2つまでしか持つことが出来ません。

上から順に

  • インフェルノ:戦闘終了まで攻撃速度を獲得する。
  • クラウド:戦闘終了まで回避率が上昇する。
  • オーシャン:戦闘開始時のマナを増加させる。
    マウンテン:最大体力が恒久的に増加する。この効果はラウンドでスタックし、チャンピオンが「エレメントヘクス」の上を離れても持続する。

となっています。

Leco
Leco

どんなに強化されてもクリスタルシナジーがあればダメージ変わらないってクリスタル最強では?ポイズンも揃えるのは大変そうだけど効果は魅力的!エレメントヘクスはアイテムを3つ持たせた状態だと発動しないと覚えておきましょう。

PBE Set2におけるTeam構成例

6レンジャー+α

グレイシャル、インフェルノ聴牌の形。6レンジャーのおかげでASに関しては申し分ないため、ヘラ派生で好みの方に進んでOKです。クリスタル、ワーデンでただでさえ硬いのにダメージの出るこの構成は正直OP筆頭。アッシュかツイッチにアイテムを集中させることが多いです。

Leco
Leco

レンジャー構成好きには嬉しい構成。ただ前線のタリック、マルファイトは4コス以上のユニットとなるのでそれまでにいかに耐えるかがひとつ課題となりそうです。2コスのワーデンはブラウムとスレッシュのため序盤はこれらに頼ることになるかもしれません。ちなみにインフェルノはヘラ+杖で作れます。

ワーデンレンジャーorミスティックレンジャー

既視感がすごい。Set1の4ナイト4レンジャーにも通じるものがあります。こちらもインフェルノ聴牌のためインフェルノを作りに行きます。6レンジャーとともにこちらも睨むのであればインフェルノを早めに作っておけば手広く構えることが出来るかもしれません。

MRが必要な場合はこちらに方向転換。スレッシュ、ノーチラスよりは割高になりますがPeel力は圧倒的です。

Leco
Leco

ブラウム、スレッシュ→ノーチラス→マルファイト→タリックで揃えていきます。スレッシュ、ノーチラスのPeel力も中々なので安定しますね。2枚替えでAR,MR切り替え可能なのも強み。

6サモナー

低コストながら優秀なザイラ、マルザハールから作っていきます。6サモナーというだけあってフィールド全体がわちゃわちゃしますが、かなり強い構成です。メイジ聴牌のため帽子を作りに行きます。帽子はゼドに持たせることが出来ればベスト。

Leco
Leco

Set1のエリスが6体いる感じでしょうか。埋め尽くされてるレベルでなんらかのユニットがいます。ゼドくんも手裏剣より影分身が強いと気付いたようです。帽子はヘラ+涙で作れます。

毒とPeelとマルファイト

ツイッチを守る構成に毒シナジーを組み込んだ形。シンジドは勝手に歩くのでほっといてOKです。スタンしても動きますからね・・・。アイテムはシンジド、ツイッチに持たせましょう。ワーデン4聴牌のためワーデンを作りに行きます。

Leco
Leco

ポイズン強いと思いますがどうでしょう。ワーデン4にミスティック2で硬さは最強クラスのこの構成。ワーデンはヘラ+チェインベストです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 大きく変わったSet2 フィードバックはいかほどか
  • エレメント、エレメントヘクスといった要素は慣れで覚えましょう
  • レンジャーがまた強い構成に返り咲く

コメント