[JeSU]賞金490万円減額問題について

その他
スポンサーリンク

概略

 今回は大会上で表記されていた賞金額と選手が実際に受け取った賞金額が異なるといったことから端を発した2つのeSports大会について記載します。JeSUに対する否定的な意見も理解出来、規定の一部改定を望みますが、今回の件について私はJeSUのスタンスに問題は無かったと考えています。

JeSU: Japan eSports Unionの略称。日本におけるeスポーツの振興を通して国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指し、これをもって経済社会の発展に寄与することを目的とする一般社団法人 。ホームページはこちら

スポンサーリンク

問題になったTokyoGameShowでの大会

CAPCOM Pro Tour 2019 アジアプレミア

 ストリートファイターVの大会で同タイトルの有名選手でもあるももち選手が優勝したものの、JeSUが推進するプロライセンス取得をももち選手が受け入れなかったため、本来の優勝賞金500万10万円に減額されました。JeSUの公認大会でもあったこの舞台でこの様な事態になり、多くのファンから不満が出ています。一方でこの大会の参加規約を読むと以下の記載があります。

参照:アジア プレミア大会参加規約

これは問題発生後に改変されたものではなく、当初からこのルールでの運用が明言されていたため、ももち選手自身、結果を残したとしても賞金が減額されることは重々承知の上だったと推察されます。

JeSUライセンス取得拒否について

 そもそもなぜライセンス取得を拒否したのかについてはももち選手の意思によるものが大きいです。元々JeSUに対して不信感を抱いており、JeSU独自にプロを規定する制度であったり、JeSUがプレイヤーの意見を無視し、私欲や利権を重視する人たちに作られたものではないかという意見を述べていました。今回の決断も自分自身の信念が賞金額よりも大きなものだったからこそのライセンス取得拒否だと思います。

JeSUライセンスの意義とは

 JeSUが発行するライセンスは次の3項目を認めるものです。

  • JeSU公認大会への出場
  • プロとして報酬(賞金)を受け取ること
  • JeSU主催もしくは窓口委託の大会に関して日本代表としての出場

 今回の問題は上記2項目目の賞金を受け取ることについて矛盾が生じたためファンからの不満が爆発しました。当初日本において高額賞金大会の開催が法令上で問題となることを恐れてJeSUはライセンス制を採択し、これに対応する構えでしたが、今回はそのことが仇となり減額問題が浮上しました。さらに追い打ちをかけるように消費者庁から、 賞金が仕事の報酬などの提供と認められる場合は、景品表示法に違反しないとの回答を9月3日付で得たとJeSU自身が発表し、本規定の矛盾をさらに露呈させることになりました。

 今回の件で私が一部JeSU擁護派なのは消費者庁からの回答を9月3日付で得たという点です。日本の団体が2週間程度で様々な企業からコンセンサスを取りながらルール改定を実施するのは不可能ですし、9月14日、15日に実施された大会としては”これまでのルール内で”正当に運営が出来たのではないかと思います。もちろん上記見解が得られたからには今後ルールをしっかりと見直し、より選手のため、企業のためになる業界に発展することを望んでいます。

パズドラチャンピオンズカップ TGS2019

 アジアプレミアと非常に似た問題ですが、本大会で優勝したゆわ選手はライセンスを取得済みでした。しかしながら優勝賞金500万の贈呈はなく、選手への報酬は名誉+副賞となりました。というのもゆわ選手が保有している、ジャパン・eスポーツ・ジュニア・ライセンスは13歳以上、15歳以下を対象とするライセンスであり、賞金の受け取りが認められていないためです。この件も上記消費者庁の回答を鑑みるとライセンスを取得したが故に賞金が受け取れなかったといった見方も出来る一方、繰り返しになりますがルール改定が間に合わなかった以上仕方がないことだったのかなとも思います。他の国、年の違う少年を比較するのはナンセンスですが、アメリカで16歳の少年が300万ドルを手にする一方で日本では15歳以下の場合賞金がないというのは、努力が正当に評価されない日本ならではという印象を受けますね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 賞金減額は全て現行ルールに則ったもの
  • 消費者庁からの回答もあり今後は高額賞金の大会の開催が多くなると予想され、選手自身も非常に高いモチベーションで大会に望むことが出来る
  • JeSU規定内の矛盾とどう向き合うかが大切でありルール改定に期待

コメント